業者選びを失敗してしまうと大切なデータが
二度と戻ってこないなんてことに!

データ復旧業者を上手に選ぼう!

取扱うデータの量、重要性が年々高まる昨今、データの消失やハードディスクにアクセスできなくなったなど、万が一のトラブルに備えて存在しているのがデータ復旧業者です。
現在日本には大小の差こそあれ、100 社以上のデータ復旧業者が存在していると言われています。
そこで問題になってくるのが「自分にあった復旧業者の選び方」です。
このサイトは私の経験を元に、失敗しない上手な業者の選び方について解説しています。

データの管理

法人の場合、取り扱っているデータはとても重要な情報になると思います。万が一そのデータが無くなってしまったら、最悪の場合企業の根幹を揺るがしかねないといっても差し支えはないでしょう。
勿論大きな企業であればバックアップなど万全の体制をとっているとは思いますが、中小企業ではコストの問題もあり、なかなかそうもいかないのが現実です。

なにより大切なのは復旧率

データ復旧業者を選ぶポイントは色々ありますが、一番重要なポイントは「データの復旧率」でしょう。
どれだけ安くても対応が親切でも、データの復旧率が低い、技術力のない会社に依頼してしまっては大切なデータは戻ってきません。
復旧業者を選ぶにあたり、どれほどの技術力があるのか?設備は整っているか?修理に必要なスタッフのスキルや修理用パーツの品ぞろえは充実しているか?といったところは復旧率に大きく影響してきます。
安くデータを復旧したい、近場の会社にお願いしたい、といった気持はとてもよくわかりますが、一番には「確実にデータを復旧させる」といった目的をしっかりと持って選びましょう。

復旧率はどこで変わる?

高いデータ復旧率を実現するには、その会社がそれまでため込んできた経験や最先端の設備が要求されます。
ご存知のようにHDD は精密機械です。HDD メーカーの製造工場は無菌室と同等の環境で製造されており、そういった設備が高いクオリティを実現しています。
ですから、データ復旧業者の作業環境にも同等の環境が要求されることは当然です。
なんの設備もない環境でHDD を開封し、その時点でデータが完全に壊れてしまう、なんてことになったら話になりません。
また、環境と同じように大切なのが技術力です。HDD やSSD など、年々性能が良くなりますので、それに対応し進歩する最新テクノロジーを持つ業者でなければいけません。

高い復旧率の業者で選ぶなら日本データテクノロジーがおすすめ

当サイトが信頼する業者比較サイトでランキング1 位に選ばれているのが
日本データテクノロジーという会社です。
復旧対応件数は日本で最も多く、復旧率も最も高い95.1%を誇ります。「クラス100」のクリーンルームを自社で保有しています。
取引業者には官公庁・大学・上場企業といった誰もが名前をしっているところが多く、確かな技術力を示しています。